スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

247

247
 アキラはヒロミたちへの詫びのつもりなのか、これから毎日やるよと、仕事に出かける前の時間を使いトイレ掃除をはじめていた。
「お、ぉ兄ちゃん…」
「なんだ?」
「どうしても話したいことがあるの…」
「………あの話か」
「ぅん…」
「…お前があいつに会いに行くのは構わない。でも、俺のことは知らないと言ってくれればそれでいい」
 背を向けたまま一心不乱に便器を磨いていくアキラに、
「はぃ…」
 寂しそうに呟くユィナだった。
『一緒に帰りたい、元の家族に戻りたい、昔みたいに…』
 彼女がその場を離れた数分後、トイレから大声でアキラが叫んでいた。ハッとして振り返ると、
「門限守れよ綺麗だぞユィナ!」
 と、言われていた。

 約束の時間より少し前にホテルに到着したユィナ、彼女は屋敷の車に乗せられここまで来ていたが、
「おじさん、こ、ここでいいです」
「もう目の前ですが?」
「えぇ、でもちょっと車の送り迎えなんて、しかもリムジンですよ…」
「はい? あぁ気が付きませんでかしこまりましたです。でもユィナ様充分お綺麗ですから胸を張られてくださいね」
 気恥ずかしさのあまり、ホテル直前で降ろしてもらっていた。
▼応援してもらえると書く気力が沸いてきます。
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援
▼C.Bに面白かったらぷちカンパ
C.Bに面白かったら。WebMoney ぷちカンパ
関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。