スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

280

280
 腹立ちの納まらないユウキは、もう一度買ってこようと駐車場へ戻り車へ乗り込むと、ダサい服を着た小太りの男がこちらを見ているのに気づいた。男はヘラヘラと笑いながら、そのまま近づいて来てこう言った。
「君も追い払われたくち?」
 言ってる意味が分からず無視を決め込もうとしたが、
「僕もねずーっとあの部屋入りたくてウズウズしてるのだけど、なかなかガード固いよね」
「あの部屋?!」
 さっきの老人といい気になることを言われ、つい返事をしてしまっていた。
「そうだよぉそれしかないだろ~。僕の機材見てくれよ~、この新しく買ったデジタルビデオカメラで決定的瞬間を撮ってやるんだ。うふふぅ」
「見せてくれない?」
「君の機材は車の中? あぁもしかして君フリーのライターさんでしょ、名刺あったら貰えないかな、カメラ大事に扱ってくれよな」
 彼が首からかけているビデオカメラを外そうとすると、ユウキは運転席から力ごなしにストラップを掴み、彼ごと車に引き寄せると小太りの男はいきなり汗をかき苦しそうな顔で、ユウキと顔を突き合せていた。
「ぐぐぐぇえ何するんですか!! 人呼ぶぞバカ! 親切で見せてやろうとしただけじゃんか! 離せバカ野郎!」
「決定的瞬間ってなんですか?」
「あぁああの僕なにか気に障ること言いました? あゎああああ」
「あの部屋ってモデルルームのことですよね、あそこで何があったの?」
▼ぜひポチッと応援よろしくお願いします
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援
▼C.Bに面白かったらぷちカンパ
C.Bに面白かったら。WebMoney ぷちカンパ
関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。