スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

291

291
 部屋をイラつきながら歩いていたチヒロが叫んでいた。
「いつなら決行出来る?」
 アキが静かな口調で言った。
「一週間待ってください。一週間だけぇええ」
 犬は半べそをかきながらも、どこか不敵に笑っていた。



 母の様子を見に田舎に帰ると言い出したユィナは、止めようとはしなかったが兄に、自分の事は話すなと念を押され、二人の仲を取り持ちたいと願う心を複雑に揺らしていた。そして、このトライクは店長からの借り物だからと、
「心配しなくていい、あいつはまだ生きてる…」
 バイト先へ戻って行った。
「ほ、ほんとう?!」
 去り際に渡された見覚えのあるポーチ、中に取り上げられてしまっていたブルーの携帯が入っていた。母が病気だと知ってから心配でたまらない日々を過ごし、兄の心を癒そうと必死で耐えてきた今、恐る恐る携帯を開いユィナ。日付は古かったがそれ以降来なくなっていたおじさんからのメールに、様態は安定しているが一日も早く帰って来て欲しいと書かれた物を見て、アキラはこのことを伝えに来てくれたのだとすぐに電話を掛けていた。
「おかあちゃん! おかぁちゃん! おかあちゃん!」
 ユィナは泣いていた。電話の向こうに驚いたように自分の名を呼ぶ母が居たからだ。
「帰るよあたし明日帰るから! おかあちゃん! ごめんなさい、ごめんなさい!」
 そしてまた泣く娘をなだめるミィナ、平気だから大丈夫だからと何度言われても娘は泣き止もうとはしなかった。
 ユィナはヒロミに朝一番で帰郷すると報告しに行くと、自分の事のように喜ぶ彼女に母娘で撮った写メを送ってと言われ、兄にはメールで伝えると、簡単に荷造りを済ませベッドに横になった。が、やっと会える母の顔と、昔の家族を想い寝返りを繰り返し、気だるい体のまま眠れずに返された携帯を覗き、俺の親友と交わしたメールを読み返しはじめた。

 バイト先へ向かう途中に届いたメールを読んだアキラは職場へは行かず、すぐにそれを消去するとイラついたように新宿駅構内のコインロッカーへ向かっていた。預けていた物は小さな紙袋。それを持ち出すとすぐ近くにあった公衆トイレに入り中身を取り出すと、それを両手で握り締め、険しい目で誰かに向かい銃口を定めた。

 北海道のミィナは我が子の帰郷をすぐにサイトウへ連絡したが、募る不安に押し潰されそうに、止めていたタバコに火を付けてしまっていた。そして時間だけは刻々と刻まれ続けそれぞれの明日を迎えようとしていた。

関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。