スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

296

296
「…そんな母がどうして失踪してしまったのか何か知りませんか?」
「やっぱり責任を感じてなのかなぁ」
「責任って?」
「彼女が任されていた店舗で、従業員がへまして火事を起こしてしまったんですよ…」
 シロトは火事の一件を話し始め、アキラは知らないふりで耳を傾けたが新事実は得られなかった。
「俺、母がここでお世話になってた頃の話を一切聞かされたされたことが無くて、何か思い出話でも聞かせて貰えたらなーって」
「そうですか、今度家で飲みませんか? ご招待しますよ」
「あぁそれなら、ヒナノさんとか他のメイドたちで飲み会あるんですけど一緒しませんか?」
 誘ってみたがその日は用事があると断られてしまい、アキラは思い立ったように質問していた。
「そ、それとですねもう一つだけ教えてください。ミィナと良く似た女性のことを知りませんか? まるで双子のような…」
 首をかしげ分からないと言うシロトに、その場から立ち去ったアキラ、遠くにヒナノと何人かのメイドがたむろってるのに気づき、
『良い事教えてくれてありがとな自力で屋敷探し回るより、おっさんが退職してここに来なくなるの待つことにしたよ…』
 彼女の横顔を見つめ計画を固め始めていた。



 しばらくしてヒナノと二人きりで会う約束を取り付けたアキラは、ただのお抱え運転手だと思っていた男の後をつけ自宅を突き止めていた。バイクを押し、通りすがるように離れた位置から様子を覗うと、車から降りたシロトは玄関のチャイムを鳴らすわけでもなく、家族に迎え入れられることもなくドアが閉まると、入ってすぐ辺りの出窓に明かりが点くのを見ていた。
『一人暮らしか? だとしたら都合がいいんだが…、とりあえず自宅は押さえた。叩けば埃くらい出るよな…』
 アキラはバイクに跨ると、夜の道を約束した場所へ向かった。

 待ち合わせしたファミレスで食事をし、近くの公園を散歩すると、木々の間から見えるラブホテルのネオンが池に映りユラユラと揺らぎ、ベンチに座ると、ヒナノはその顔立ちのせいか近寄りがたい雰囲気を持ち、ツンケンしてる印象があったが、きつい目つきのせいで勘違いされることが多いと話し始めていた。
「だからそんな眼鏡を掛けてたのか、そんな気にしなくていいんじゃない?」
「そうかなぁ」
「取ってみてもいい?」
「いいよ」
「ぅぁあ、ちょっと…」
「え…?」
 見つめられているアキラに言われ、見つめ返すヒナノ。

関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。