スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたり33

 ユタカたちは、二つの細いリングを、それぞれに一つずつ持ち、ミィナの左手の薬指にはめ込んでいった。
「するって言ってない!」
 二個のダイアモンドリングが、彼女の指でキラキラ輝いたが、それすら外そうとする手を押さえ、泣き濡れるミィナを、暖かいハグとキスで包んでいった。
「するって言ってないもん。ダメ! ダメ! ダメー! 私はあなたたちの玩具じゃない! おもちゃじゃ…」
「僕らが君のどれいなんだよ?」
「知ってるだろう?」
「アイシテル」
「アイシテル」
「アイシテル」
「アイシテル」
「アイシテル」
「アイシテル」
「アイシテル」
「アイシテル」
 彼らは、これ以上ない言葉を、繰り返し囁き続けた…。
『それ以上言わないで。それ以上… コワレテシマウカラ…』
 ミィナの心は揺れはじめていた…。
「アイシテル?」
「アイシテル?」
「アイシテル?」
「アイシテル?」
「僕のことアイシテル?」
「怖いんだ…」
「怖いよミィナ」
『怖いって? 怖いの? 怖かったのを押さえていたの?』
 思わず息を飲んだミィナ…。
彼らは力を無くしたように泣き崩れ、嗚咽交じりに話しはじめた。
「君に僕のおとうさんは、子供の頃病死したって言ったけど。ほんとは自殺なんだ…」
「僕の見てる前で首を吊ったんだ! 学校帰りに、なんとなく工場へ遊びに行ったら…」
「その瞬間の目を今でも覚えてる…」
「鮮明に焼きついてるんだ…」
「もう少し行くのが早かったら…」
「人って簡単に死ねるんだよ…」
「死んだらおとうさんに会えるって。ずーっと、ずーっと…」
 その瞬間に戻ってしまった男を、女はきつくきつく抱きしめていた。
「ねぇ。デート… 楽しみにしていたのよ。まだ時間あるわ…」
 ミィナは、彼が死ぬことに対し、なぜ頓着ない態度を取っていたのか、やっと分かった気がした…。
「もう一つ贈り物があるんだ…」
「連れて行きたかったのは”ガラスの城”…」
「どこへでも行くわ」
 そして、自分の心がどこに向かっているのかも知った。
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援
関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。