スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

334 接触

334
「その格好で話すな、早く脱げっての」
「労働を終えたら話そうと思ってたのに、まさかままさかの超レアな体操着に驚いてしまってつい・・・。ほらぁここにネームが入ってるんだぜぇ、チヒロちゃまとの合体感覚が凄いぃいい~♪」
 ナナセは名札が縫い込まれた腰の辺りを伸ばして見せていたが、
「・・・きちんと聞くから脱げ!」
 体をねじ伏せられ、
「これって洗濯前の物なんですよねやっぱ、ていうことはやっぱ使用済み!!」
「早くしろ!」
「ヘイヘイ」
  凄い形相で睨まれバスタオルを渋々腰に巻き戻すと、ホカホカのブルマーを兄の頭にフワリと返却し、ド突かれていた。

▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援

「こないだ遊びに行った時俺ら世話してくれたメイドちゃんいたじゃん、その子にそれとなく聞いてみたのよ。そしたらその子もあまりに君らが似ててビックリしてたそうですよ?」
「マジでー? それでそれで」
 寝そべって音楽雑誌を読んでいたトモヤは、ナナセを見上げていた。
「んでもってユウキとそっくりメイドちゃんだけ制服が違うんだって、それでなその娘の正体知ってしまったんだよ~」
「うん?」
 チャーハンケチャップを掛け捲って食べていたヤマトもそちらを見ると、口周りが真っ赤に染まっていた。
「なんとヒロミ様の養女なんだそうです! ちょっかい出すとやばそうだよ? スポンサー様の逆鱗に触れでもしたら、ちょ~こえぇえ・・・」
 眉に皺を寄せ、頬を両手に当て仰け反っているナナセだった。
「ちょっかいってお前なぁ、出しようがないだろ? 何も分からないのに」
「いやぁとっかかりとしてはその娘から当たってみるのが正解じゃね? 雲を掴むような話しなんだろ? だったら」
「だけどなぁ、どうやってその娘と接触すればいいんだよ?」

関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。