スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

335 指示

335
「んんん~、メアドゲットしたのはヒナノっていうお姉さんなんだけどお膳立てしてもらえるかも、どする?」
「いやさすがにそれは厳しい、いくらなんでも初対面で色々聞けないだろ」
 渋るユウキに、
「最近のお前ってほんと昔のお前はどこ行った状態だよな、良いとか悪いとかじゃないけど、まぁ良い事なんだろうけどちょっと頑(かたく)なになり過ぎてないか?」
 ナナセが言うと、
「合同コミュニケーションパーティ!」
 トモヤが思わず口を挟んでいた。

▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援

「それだ!」
 ヤマトが言うと、ナナセはいきなりユウキの携帯を取り上げそのメイドにメールを打ち始めてしまい、
「うふふふふ」
「おい!」
 そのニヤケ顔に慌て取り戻そうとしたユウキだったが遅かった。
|ナナセ:アドレス違うけどナナセだよんさきほどはどうも~♪ 唐突だけど合コンしよう返信まってまーっす。
「合宿中なんだぞ? 合コンなんか出来るか!」
「半日くらいいいじゃん、相手の都合だってメール貰わないと分からんし。それにお前にまた狂ったようになられても困るんだっつーの、元リーダーの言うことをお聞き!」
「おぉー」
 トモヤとヤマトが小さく拍手し、
「・・・なんだかんだ言ってお前ら俺とよく似たその娘見たいだけだろ?」
 するとメンバーたち。ユウキの前にササッと集合すると正座し、涙を流しながら無言の圧力とばかりに不味いチャーハンをもくもくと口に運び、ナナセに至っては愕然とした目でゲロゲロと戻していた。
「・・・うぐぐぐぐ」
 ユウキがぶ然とし頭を抱えていると、ナナセの持つユウキの携帯が鳴っていた。
|ヒナノ:ユィナ様目当てなら無理よ?
|ユウキ:いや別にそーいうことではないですよ。
|ヒナノ:お嬢様をあなたたちと会わせるなって奥様から指示が出てるのよね。怖い人でも居るの? こないだはそんな感じしなかったんだけど。

関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。