スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

336 母親

336
|ユウキ:えっマジですか! なんとなく理解しましたが・・・。
|ヒナノ:居るのね(笑) でもねお嬢様は北海道に帰省されててそもそも無理なの♪
|ユウキ:そ、そうなんだぁでもユィナちゃんがお目当てじゃないよほんとほんと。こっちは四人なんだけど都合がつけばぜひぜひ。
 皆にメールの内容を見られながら返信していくナナセは、とりあえずヒナノから連絡をもらえる様に約束を取り付けていた。

▼ぜひポチッと応援宜しくお願いします
にほんブログ村で応援


「怖い人ってだ~れぇ~だろぉ~ねぇ~」
「さぁ」
 トモヤとヤマトはニヤニヤしながら肩をすくめていた。
「音楽はオーケーだけど人としてダメって事か? まぁそうだよなぁ一人娘らしいししかも養女、あのお方だってただの母親ってことだ。ユウキのこと良く知ってるなら気持ちは分かるなぁヒヒヒヒ」
「・・・とりあえず明日の朝から猛練習だからな? 忘れてないならその事はお前に任せる。俺もさっぱりしてくるかな」
 ナナセが差し出す携帯を受け取ったユウキはリビングを出て行った。

 バスルーム脇の洗面所で裸になったユウキは、胸に貼られた大き目の絆創膏を剥がし付けてしまった生々しい傷痕を鏡で見つめ、脱いだ衣類と妹の体操着を洗濯機に放り込むと、彼は別荘に着くとすぐに二人へ到着したとメールしていたが、チヒロからのメールが無いのを心配しもう一度彼女にメールを打とうとして躊躇(ちゅうちょ)してしまい、喪服姿で庭に佇む写メを送ってきていたアキにメールしていた。
|ユウキ:忙しい時ゴメン。チヒロからそっちになんか連絡来てないかな。
|アキ:こっちには原宿でお友達と遊んでるってメールありましたよ? 今晩だけその友達の所に泊まることになってるじゃないですか、あまり心配しなくても。
▼PR:
・現役女子高生グラビア
・11周年を迎えた安心と実績の優良出会いコミュニティPCMAX
・国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイト!
・初めての人でも簡単に読めちゃう。コミック1冊100円レンタル、Renta!
・未知のウイルスへの対応力が違うESET Smart Security公式サイト

▼C.Bに面白かったらぷちカンパ
関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。