スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

337 判断

337

「ん~、ユィナお嬢様とユウキさん・・・、ユィナとユウキ」
 トモヤがポツリ話すと、
「名前の響きまでそっくりだな。なんとなくだが、もしやまさかって感じがしないでもない」
 ナナセの言葉にヤマトもうなずいていた。
「ビンゴーって事だったり~」

▼ぜひポチッと応援宜しくお願いします
にほんブログ村で応援


「でもよぉ、あいついったい誰を探してるんだ?」
「親戚?」
「その親戚をたった一人で探すって何事なんでしょうか?」
「う~ん。訳ありとしか言いようがないですし、ユウキさんのイライラはきっと家族絡みだろうから詮索はやめません?」
「分かってるさ」
「・・・雲を掴むような話しって言えばですよ僕らにもあるじゃないんですか、蒼い月さんってどこの誰なんだろう、会いたいよね。れっきとしたうちのバンドの作詞者だし、権利関係なんかもはっきりさせないとまずいんですよね?」
「そそ」
「ライブチケット付きのCDさえ買ってくれたら何かしら連絡がきそうだけどな」
「あの案しか無いとはいえ蓋を開けたらウヒャ~みたいな」
「本人かどうかはユウキに判断させればよいだけだし」
「だよな」
「まぁとりあえず曲順からもっかい考えるか」
「MCやんの?」
「あぁ~、ユウキさんは嫌がるだろうけど、ファンサービスってのも考えないとマズイのかな?」
 ヤマトの発言にトモヤが口を添えると、
「それあるなぁでも、何もしないってのが俺らのスタイルだから無しだろ? 最悪間が持ちそうになかったら俺が半裸もっこりパンツで会場中走り回ろうとは思っている。だからあのアイテムが欲しいぃ~♪」
「やめろ!!」
 二人は風呂場へ走り出したナナセを引きずり戻していた。
▼PR:
・現役女子高生グラビア
・11周年を迎えた安心と実績の優良出会いコミュニティPCMAX
・国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイト!
・初めての人でも簡単に読めちゃう。コミック1冊100円レンタル、Renta!
・未知のウイルスへの対応力が違うESET Smart Security公式サイト

▼C.Bに面白かったらぷちカンパ
関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。