スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

339 悪魔

339
『この娘をどう納得させれば… どうすれば大人しく東京へ帰らせることが出来るの、帰らせたところで意味はあるの?』
 そんな事をしても意味がないと止めてくれたサイトウの顔を思い浮かべていた。
「本当のこと教えて。パパにも教えてなかったんだよね? パパが浮かばれないよぉ、あいつをそこまで毛嫌いする理由は前の人、ユィナの父親と何があったの?! あいつはやっぱり悪魔なんだよね?」
「チ、チヒロちゃんお願いだからお家へ行こう、この車が嫌ならタクシーを拾うから」
 その時ユィナからのメールが入ってしまいミィナは、送信者の名を見られてはまずいと隠すようにそっとバッグに入れ直していた。
「携帯変えたんだね…、見なくていいの?」
「いいのよ後で…」
「番号も?」
「番号? あぁそうそう、そうだったわね言うから掛けてちょうだいね」
「うん。メアドも教えてね」
 ミィナの携帯に掛けたチヒロは届いていた着信にもやっと目を通すと、あのGPSサイトへもアクセスしユィナに動きが無いことを確認していた。
「ねぇママ、タクシーでもいい?」
「いいのよあなたの気が済めばそれで」
 その言葉にホッとしたミィナは車から降りると、
「わがままばかり言ってごめんね…」
 と、言いながら寄り添うチヒロの髪を優しく撫でていた。
「途中スーパー寄ってあなたの好きな物なんでも作って上げるからね、それにずっと制服のままだと辛いだろうからパジャマとかお洋服も買おうね」
「うぅん何も要らないよ? 元気になったママと一緒に居られるだけで…、私少し眠い…」
 フワァ~っとあくびしたチヒロに腕を組まれたミィナは、ユィナからのメールを気にしながらもタクシーを探していた。
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援
関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。