スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

351-1

351-1
『ミィナちゃん私はあなたにとても嫌われてたよねでも、まさかこんな月日が経っても嫌わそうな事するとは思ってなかったわよねぇ。私怨なんかある訳無いけど、某有名作家って見出しだけでも大ネタになるし、しかも息子はデビュー間近中のロックミュージシャン、と~っても絵になるわぁ…。ねぇミィナ、先生と双子のような誰か、いきなり消息が途絶えた片割れは何者? 先生が死んだのは本当にただの事故?』
 退社時刻はとっくに過ぎた夜中、明かりの落とされた編集部で一人残るタドコロのデスクだけは煌々として明るく、
『だから~ もう少しだけつっつかせて貰うね…、でも私、本物の予感がしてとてもゾクゾクしてるのよねぇ…』
 彼女がボールペンで突付く画面には、当時の三人がマンション界隈を仲良く歩く姿が流れていたが、劣化してるテープは奇妙なノイズが混ざり揺らいでいた…。
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援
-----
*お知らせ*
アルファポリスにお引越しします。
アルファポリス
http://www.alphapolis.co.jp/content/cover/7034115/
こちらでご覧になれますが不定期配信となります。
*週二日を予定していましたが
 読み応えがないので適度なヴォリュームで
 配信することにしました。

それと以前から公言してますが続く352話目からは
官能表現エチシーンは95%くらい無い18禁小説になります
官能小説って扱いがすごい大変なので
止めます! ごめんなさい。
新たなサブタイトルとして
”都市伝説異聞”というのを被せましたw
352話目からお読みになりたい方や、興味のある方はぜひ起こしください
そうでない方もぜひぜひ
作者
妹と兄 そして震える母 表紙
-----
関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【351-1】

351-1『ミィナちゃん私はあなたにとても嫌われてたよねでも、まさかこんな月日が経っても嫌わそうな事する

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。