スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたり39

『んぁぁぁぁぁあ』
 暖かいミィナのぬるぬるは、指にまとわりつき、分泌液の匂いを嗅ぐユタカ。
「すごい… かぐわしいメスの香り。大好きなミィナの匂い…」
 ユタカも思わず顔を寄せると、ユタカが突き出す指先の匂いを嗅いだ。
「あぁ たまらない」
 言いながらミィナの頭を抱え、無理やり上下に振りはじめた。
『やめて。匂わないで。ぁうぐぅ』
 口の中にあるユタカの”あれ”がまた硬くなり、喉元まで刺すように押し付けられ呻くと、涎を垂らしていった。
『あぅぐぅぇ ぁあぐぅ ぁぁぁぁっ』
ショーツがめくられ、ミィナの性器に指が挿し込まれた。
『ぁ!』
 ミィナの体がビクンと震えた。
「熱い… すぐ入っちゃったよ…」
「どうして、こんな簡単に入っちゃうんだい? ほらほらほら」
 かき回すユタカ。
「ものすごく、溢れてる」
 胸を揉みしだくユタカ。
「ここの両側がとても膨れていて、いやらしいね…」
 かき回すユタカ。
「血が、君の気持ちがここに溢れてきてるね? 下の口にも欲しいんだね?」
 ミィナの頭をさらに激しく振るユタカ。
『ぇぐ うぇっぐ あぅぐぅ』
「他の男とやっても、こんなに腰を振るんだろうな…」
 かき回すユタカ。
「他の女と交わっても。蜜をいっぱい溢れさせるんだろうな…」
 クリを撫で付けるユタカ。
『あぁあああー』
 胸の硬くなった先端も、同時にきつくつまんだユタカ。
『痛い! はぁはぁはぁはぁ』
 痛みと快感が交互に襲い、ミィナを突き抜ける…。
「感じるだろう?」
 突起を撫で回すユタカ。
「だろう?」
 突起をきつく捻るユタカ。
『ぁああああ』
 激しく身をよじるミィナの体から、汗が滴り落ちる。
「ゾクゾクしてるね?」
 クリを優しく撫で回すユタカ。
「いつから、濡れていたか教えて…」
 先端をきつく弄るユタカ。
「メイド服を着たときからだろう?」
 クリを弄り、前の穴に指を入れたユタカは、ベチョベチョの汁をかき出していく…。
『はぁはぁはぁああああ』
「いや。きっと、マンションを出る時からだろう?」
 もう一人が言った。
「自分の中にある扉を開きなさい…。自分に触れなさい」
 入れた指を抜き差しするユタカの動きが、激しくなっていく…。
『ぃやぁ』
 狂っていく女。
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援
関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。