スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたり40

「いやらしいね…。こんな所で蜜を溢れさせ、悶えてるなんて…」
 ベチョベチョのあそこ…。
「言って。ミィナ。どうして、こんなに感じてるのか…」
 クリをきつくねじったユタカ。
「あぁ。俺も、聞きたい… あぁ。ミィナ、気持ちいいよ。たまらないよ」
 舐められてるユタカの切ない声…。
『苛めないで! 苛めないで! 苛めないで!』
 かき回す指が抜かれた。
「さぁ。今度は僕のを舐めて…」
『…』
 考える力も、力も出ない、ふらつくミィナは二人に抱えられ、もう一人の股に顔をうずめると、顔中でそれを愛撫していった…。
『スキ。スキ。スキ』
 ミィナはユタカのベルトを外し、ズボンを降ろした。
下着を履いていないユタカの硬い物がそそり立っていた。
それを、ギュッと握りしめると、玉の下側に手を添え、丁寧に、丁寧に玉から舐め上げていった。
吸い付いては転がし、舐め上げては肉棒をしごいた…。
「気持ちいいよミィナ。気持ちいい。ハァハァハァ」
 もう一人のユタカは、ミィナの後ろの穴に指を突き入れた。
『あぐぅ』
「お尻も、覚えてしまったね。前と後ろはどっちが好き?」
 前の穴にも指を、今度は二本挿し込んだ。
「感じてる君が好きだよ」
 かき回すユタカ。
「恥ずかしがる君が好きだよ」
 指を出し入れするユタカ。
「どんどんおかしくなっていく君が、たまらなく可愛い」
 後ろを撫でるユタカ。
「もっと敏感な体にしたい…」
 肉ヒダを上下左右、奥も、表も刺激していくユタカの指使いは、とても、とても激しくなり、前の穴の上側をえぐるように刺激していった。
『あぁああああああ』
「匂うね。ミィナ」
『いゃあぁぁぁぁ』
 ミィナが肉棒の先端に舌を絡め激しく吸いはじめた。
ユタカの喘ぐ声が大きくなっていく。
『ぃく! いく! あぁああああ。ぃく!』
 ミィナは尻を跳ね上げ、潮を吹いた。そして、彼女は果てた…。
飛び散った潮をユタカは被っていたが、ぐったりとした彼女は、ゆっくり肉棒から口を離すと、口元に白濁した液がこぼれ糸を引いていた…。
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援
関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。