スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたり43


 大きな街の雑居ビル。地下へ下りて行き、人気の無い廊下の入り口で急に抱かれた。
「逃げないようにオマジナイ…」
 ヒロミはディープキスを求めた。
私たちは、ひとしきり互いの口をむさぼりあい、舌を絡めあった…。

 幾つかのドアが並ぶ長い廊下で、彼女の携帯が鳴り、すぐそこだと指さされ、先に歩いていると、短く話しを終わらせた彼女がそそくさとやって来て、
「あなたの歩き方。とても綺麗ね」と言ってきた。
 私が不思議な顔をしていると、
「ここよ」
 と、立ち止まる彼女だった。
そこは、看板も名前も無いピカピカに磨き上げられた、場違いのように見える金属の扉。目の高さに小窓が仕込まれていて、ドアを叩くと、そこがスーッと開いた。
「ただいま~」
 女が告げると、
「お帰り」
 覗いたスタッフが、笑顔で招き入れてくれ、女はここの常連らしかった。
「良い子いたの。上物よぉ~ 連れてきちゃった。ふふっ」
 彼女に背を押され、私を見た中年の男は、
「お。美人さんですねぇ。いらっしゃいませ。楽しんでもらえると幸せです。さ、どうぞ。どうぞ」
 そう言いながら、ヒロミ目配せしていた…。

 薄暗い店内にはカウンターがあり、豊富な種類の酒が棚に並び、ステージに、スポットライト。大きなスピーカーや、ミラーボール。奥まった所に、淡い紫やピンク色の反射光が照りかえ、幻想的に見えるな部屋の入り口も見えていた。
「ショーパブ?」
 私は、単純にそう思った。
「ここはハプバー。ハプニングバー。来たことある? 男女が入り乱れて、なんでもできちゃうお店…」
 カウンターには座らず、ボックスのソファに腰掛けると、客はだれもおらず、貸切状態だった。暗がりから、真っ赤なボンデージスタイルのグラマラスな店員がやって来て、注文を聞いてきたが、その子の股から”ディルド”が突き出ていた…。
「私は、お腹すいたから。何か適当に持って来てよ。有り合わせでいいから。あと、いつものワイン。アイちゃんの分もね。それと、美味しいお水どーんっと持って来てね。冷えてるの」
 私は、ミィナではなく、アイと名乗っていた。
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援
「はーぃ」
 女の子は去り際に、反りあがった股間をヒロミに撫でられ、お盆を胸に当てイャ~ンと身をよじらせた。
関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。