スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたり50

「いく!」
 ミィナは、両方の穴をつらぬかれ、快感の頂点に達そうとしていた。
「いくの? やっといくのね。いいわ。いいわ。果てなさい。心と体が一つになるの。緊張が解けて、嘘も照れも無いあなたになれるの。開放してあげて。心の中に閉じ込めてる物を吐き出すの。あなたしか知らない所へ逝くの!」
 ヒロミはミィナにディープキスし、ベロベロと舌を伸ばし一方的にった。
「ぁああああ! ぃくぅう!!」
 ミィナは果てた…。
その瞬間目隠しが外され、
絶叫と同時に体をのけ反らせると、
ふたりに挿入されたまま、
我慢していた。
小・水。黄色い液。お・し・っ・こを撒き散らしていた。
ビシャーーーーーッ
シャーーー
『あぁぁあああぁああああー』
 絶頂に達したミィナは開放感で緊張が解け、そのままぐったりとカオルに倒れ込んでいった…。
「あぁ。可愛いわ。可愛いの。ミィナ。あぁああ イク イク イク あたしもいくぅううう」
 ヒロミはミィナの頭を撫でながら、腰の動きを早め、
「おねーさま。あたしも逝きそうですぅ~」
 カオルは腰を動かし続け、ミィナを抱きしめた。
「はぁはぁ。気持ちいい。気持ちいぃいい。はぁはぁはぁ、僕も行きそう。精・子が上がってきてる!」
 絶頂を望む三人は、失神してしまったミィナを貪りながら、次々に果てていった…。
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援
関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 精・子 絶頂 果て ディープ 目隠し 逝く 小・水 お・し・っ・こ

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。