スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたり53

 ミィナはベッドに寝かせられていて、お腹の上で手を組み眠る姿は、息をしない人形のように見えていた…。
「可愛いな…」
「俺たちのミィナ…」
「女性って寝てる時が一番セクシーだよな」
「そうだな。無防備で、あどけなくて。何しても目を覚まさない… 僕だけのお姫様。って感じかな?」
「俺もまったく同意権だが、この考え。かなりやばくないか?」
「…それがエロスの始まりかもなぁ フッ」
「俺っていつからこんな性癖になったんだ?」
「天使と悪魔が囁いてるのか? 俺に聞くな。聞かなくても分かってるくせに」
「ははは」
「ふふふふ」
 たわいもない男目線の会話がつづき、
「…ミィナって、左の親指。上にして組むんだな」
「そう? 今、気づいたよ」
 ふたりは何気に指を組み、ミィナの寝顔を見ていた…。
「俺らの趣味に着替えさせられて。うふふ」
「このまま、ずっとこのまま。時間が過ぎればいいのにな…」
「恨めしいよ…。この状況が…」
「思い残すことあるか? あるよな…」
「ミィナ…」
「おい!」
 ユタカが気づいた。
「なんだよ? 脅かすなよ」
 ユタカが指をさしていた。
「指組んでみてくれ!」
「え?」
「早く!」
 ユタカは言われるがまま指を組んだ。ユタカそれを見て、自分の組んだ指を見せた。
「見ろ!」
「!!」
 ふたりはギョッとして、互いの組んだ手を見比べた…。
「違う…」
「ぁ!」
「どーいうことだ?」
 ふたりは、それぞれに違う親指を上にしていた。
「俺らの違いがやっと見つかったのか…?」
「だからなんだ? もう一回意識しないで組んでみて」
「あぁ」
 …結果は同じだった。
「僕らに個性が出てきた?」
「それとも、はじめから?」
「分からん…」
「だからなんなんだよ!」
「考えても無駄か…」
「ふぅ…」
 彼らは落ち着いた雰囲気の部屋で、ひとしきり悩み始めてしまった…。
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援
関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : セクシー エロス

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。