スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたり54

 しばらくして、
「あ…」
 ミィナが目を覚ました。
「起きたね」
 ユタカは、備え付けの冷蔵庫から水を取り出し、グラスに注いだ。
「大丈夫?」
「あたし眠ってた?」
「眠ってる君を見てた。ほんの少しね」
 体を起こそうとするミィナを、傍に座っていたユタカが背を支えてやると、もう一人が、そのグラスを手渡した。
「ありがとう。まだ、クラクラしてる。あはっ」
 ミィナは照れを隠すよう、水を一気に飲み干すと、
「喉渇いてたね。もう一杯飲む?」
「ううんいらない」
 大きく開いた襟元をパタパタさせ、汗ばんだ体を気にしていた。
シャワー浴びたいな…」
 床に足を下ろした。
「連れていってあげよう」
「…いいよぉ。お花摘みしたいし」
「ミィナ」
 ユタカたちに手を取られ、
「はぃ?」
 その顔を見ると、
「まだ、終わってない…」
 もう一人に、キスされ舌を絡めた。
「ぁん…」
 興奮から覚めていない体がまた熱くなり…
『せ・い・え・き…』
 太ももが濡れているのに気づいた。
「ミィナ…」
 もう一人に、スカートをまくられると、
「僕の出したのが垂れてきてるね…。ミィナの花から、といっしょに。ビッチョリだ…」
確認されるように、あそこをかき回された…。
「聞こえる? いやらしい音… 君と僕のが混ざりあってる音…」
「ぃや! シャワー浴びさせてぇ んぁあ」
 もう一人に、顔中にキスを浴びながら胸を揉まれ、耳に歯を立てられていく…。
「あぁああ!」
 ガラスの城の余韻に感じるままの体は、立っていられないほどの快感を走らせた…。
「だめだよ… シャワーは… 汚れたままのミィナだ」
「さぁ。バスルームへ行こう…」
「…だって、浴びちゃだめって」
 ミィナ言うと、
「見るから」
「君のお花摘み
「ぁぁぁぁ ダメだよ。ダメだよ。絶対だめだよ~ ぁあああ」
 私は拒否した。
「どっち?」
「おぉきぃほ?」
 ユタカたちの続けざまの質問に、
「…ちぃさぃほぅ。です」
 ミィナは、そう呟いた…。
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援
関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 余韻 バスルーム お花摘み ビッチョリ シャワー 快感

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。