スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたり56

 あそこからの雫が、ポタッ ポタッとカーペットを濡らし染みを作ると、大きな窓のカーテンが開かれ、まばゆい光の街が広がった。
「キレイ」
 駆け寄ったミィナは窓に手をつき、その光景を見つめた。遠くに二本の大きな塔が立っていて、そのイルミネーションが空を貫いている…。
「気に入ってくれたね。この夜景。評判なんだ…」
「でも、君の方がもっと。キレイだよ…」
 鏡のようになった窓の中から見つめられてるミィナは、ふたりがスーツを脱ぎ始めるのを見ていた。全部脱いでしまった彼らのあそこは、既に大きくそそり立っていた。
『ぁあん』
「あなたのしもべに」
「なんなりと、ご命令を」
 ふたりは胸に手を当て、彼女の後ろでひざまずいた。
「そ、そんなこと言われても。何言っていいかわからないよ」
「あなたがしたいことを望めば」
「あなたが、されたいことは?」
 ふたりはそのままの姿勢で、頭を垂れ、手を差しのべた。
「そうやって、また言わせる気でしょ? ずるぃんだからぁ~ ずるぃずるぃ~」
「しかし、言っていただけないと」
「このまま動けません」
 手がさらにミィナの方に伸びた。
「もぅ~ いけないナイト様たちねぇ。私は、ユタカが好きです。大好きだから…」
 ミィナは、彼らの手を握り、
「身も心も捧げます…」
 と、男たちの手にキスをした。
「はい」
「はい」
 ユタカたちが返事をすると、ミィナは着てる服を脱ぎ始めた…。
背中のジッパーにもたつくと、一人がが下げてくれて、もう一人は、服を持ちスルスルすとんっと落としてしまった。編み上げ紐がデザインされたコルセットにも見える、カップの無いオープンビスチェは、ミィナの胸を、かたち良く露出させ、紐の合間の白い素肌がとても艶(なまめ)かしく…。ガーターベルトは、複雑で扇情的な柄のストッキングを支え、ショーツを履いていない淡い毛に隠れ見える割れた性器から、愛液を滴らせている…。
「忘れれさせないで。
 あなたを…。
 私は、ずっと、ずっと前から、あなただけの物。
 あなたは、私だけの、ユタカ…」
 ミィナはふたりを手招きし誘うと、バルコニーに通じるドアを開けた。心地良い風が吹くと、レースのカーテンがバタバタ揺れ、ミィナの体にかかり、くっきりとボディラインを浮き上がらせた…。
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援
関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : ガーターベルト ボディライン レース オープンビスチェ コルセット

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。