スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたり60

 玄関まで送られている途中、開け放たれたドアから。彼女の仕事場。事務机でパソコンに表計算のソフトが立ち上がっているのが見え。何気に覗くと、
「今ねやっかいなソフトとにらめっこしてたの。アタシ機械オンチだから、もう頭が爆発しそうよー!」
 ミィナはそう聞かされ、
「触ってもいいですか?」
 ヒロミを見つめると、
「え? またぁ~ あぁ~~ん」
 彼女は勘違いしていた。
「…あ。違います。あれを」
「あぁああああ…」
 ミィナはヒロミが驚きを隠せないことに気づかず、パソコンの前に座ってしまい、たくさんの数字。手書きで書かれたノートを見ながら、ソフトを手際よく動かしていった。
「…得意なのね」
「えぇ。こーいう仕事してましたから」
「…そう。でもね、あなた大変な物見てしまったわ…」
「え?」
「それ、うちの裏帳簿なの…」
 ミィナは顔を蒼ざめさせていた…。
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援
関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 裏帳簿 パソコン

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。