スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたり64


 ミィナがおろおろしていると、
「ねぇ。うちで働かない? それしか無いかも」
 唐突な申し出に驚いてしまった。
「え?」
「さっきまでいたお店の経営者。あたし~なのね。今度、三店舗目を出すの。手伝わない?」
「そ、そうなんですか…。え? 手伝うって…」
「うん。あなたやばいの見ちゃったしぃ~ もちろん履歴書も見るし”あっちのほう”も最高だし~。機械も使えるし~ この仕事にピッタリ。うふふ」
「そ、それでいいんですか? ほんとに?」
「いいよ」
 ヒロミは椅子に腰掛けたミィナを、こちらに回して答えた。
「あ、ありがとうございます。その時が来たら源氏名は”アイ”にしてもらえませんか? 本名じゃやっぱり」
「んぁ! ちゃうちゃう、源氏名って泡屋さんとか、スナックじゃないの。あははははは あなた、おかしい」
 ヒロミはお腹を抱えて笑っていた。
「はい? あははははは」
 ミィナは何がなんだか訳が分からず愛想笑いをしていたが、
「いろいろありがとうヒロミさん。ほんとに…。今、ちょっとバタバタしてて、本当は仕事も探さないといけないんです…」
 ミィナが深く頭を下げると、
「はいこれ。ここ電話して。待ってるから。約束よ?」
 ヒロミは、微笑み。名刺を差し出した。

 外へ出たミィナが空を見上げると、心地良い風が吹き髪を揺らしていた。
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援
関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。