スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹と兄2

妹兄2
 後悔した。無理に繕った家族の笑顔。凍りついていた僕…。血の繋がる父のこと聞けるはずも無く小さなパーティは終わった。僕がトボトボと二階の部屋へ戻って行くと、階段を駈け上がって来たチヒロにハグされ、優しく肩を撫でられていた。
「ていうかユウキ! 気にすることナイょぉ~。バレバレの話しだし思ってること素直に話しただけでしょう? でも、もし凹んでるなら慰めてあげようか? 私たちって”セックス”しても何も問題ナイの知ってた? この処女、おにーちゃまに捧げてもいい・・・」
 唖然としている僕を潤んだ瞳で見つめる彼女は、キャ~ッと黄色い声を出し、中指を突き立てながらすごい音でドアを閉め自分の部屋へ入って行った。その言動に思わず吹き出してしまい、僕はやっと笑顔を取り戻せていた。



RN!:僕の放った一言は真実だったんだよ。

 僕はそうチャット欄に打ち込んでいた。

RN!:今の両親の関係は、もっと前からこじれてたんだと思うようになってさ…。愛を求めない結婚なんて子供の為以外考えられないし、ママは今でも死んだパパのことを忘れられないでいるんだ…。だから、あんな切ない表情を。僕にはどうすることもできないって分かった時、すごいショックだった…。こんなことはじめて話したよ、気持ち悪いって思っただろ?

蒼い月:いや、そんなことない。君が家族思いだってことが良く分かる。

RN!:今度は君の番。なんでも聞くよ。悩んでることとかあればだけど。

蒼い月:俺んちは、母じゃなくて、父が心を病んでる人なんだって思ってる…。子供の頃から夫婦喧嘩ばっかしてて酒癖が悪くて、でも、それもこれも俺が言うのもなんだけど、母に原因があると思ってる…。

RN!:うん。

蒼い月:おかあちゃんは謎だらけの人なんだ…。だから…。

 僕はどう返答していいか分からず、続きが書き込まれるのを待ったが、途絶えてしまったようなチャット欄に思わず書き込んでいた。

RN!:話したくないことは無理に書かなくてもいいさ。時間が合えばまた話そうよ?

▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。


にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援

関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。