スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹と兄3

妹兄3
蒼い月:違うんだ。ほんとに話したいことは別のことなんだ。俺は妹が好き…。たまらなく好きなんだ。どうすればいい? どうすれば… おかしくなりそうなんだ。

 その告白に僕は衝撃を覚えていた…。実の妹を女として愛してしまった彼。僕は続く彼の書き込みを耳を澄ますよう静かに読んであげた。

 しばらくして僕らはネットから落ちた。僕らが入っていたサイトは”ベストフレンド”という名称の「あちこちにいるネットの会員と友達になろう」という趣旨のチャットサイトで、僕は”RN!”と名乗り。彼、蒼い月”と気が合い数ヶ月前からよく話しをしていた。出会った頃は音楽の話しなんかで盛り上っていたけど、今日はいつになくシリアスな展開になっていた…。

『どうすればいい?…』
 ベッドに寝転がってる僕は、ほんとうに思ってることを話せないでいた…。ほんとに話したいことは僕にもあった。
『ミィナ…』
 携帯を閉じると、部屋は真っ暗になった。



 あたしと、おにーちゃんは押入れのすみで、膝を抱え暗闇に身を潜めている…。ミーちゃんと、おとーちゃんがまた喧嘩を始めた…。ガタガタと震えて、怯え。ガチャンガチャンと割れる食器の音。あたしのすすり泣きと、両親の叫びあう声。また、部屋が揺れた。
「あーん あーん」
 泣いてる私をぎゅっと抱いていてくれている、おにーちゃん。耳を塞げと手をあてがわれたけど、それでも響く音に怖くて怖くて震えていた…。
『どうして喧嘩するの? どうして仲良くできないの?』
「あーん。あーん」
『怖いよ怖いよこわいよぉー』
 おにーちゃんも震え、
『おばちゃんたすけてー』
『たすけて!』
 隣の部屋に住む、おじちゃん、おばちゃんが助けに来てくれることを抱き合って願った。でも、今日は叶わなかった。
「あーん。あーん。あーん」
 そして、いつしかこの押入れは、私と兄だけの秘密の場所になっていた。

▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。


にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援


関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。