スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹と兄4

妹兄4
『こことここ』
『こことここー?』
 二人だけの儀式…。それは、恐怖を紛らわしてくれる。おまじないだと思っていた。

 共稼ぎの両親は帰ってくる時間がまちまちで、スナックを経営する母は明け方帰って来ることが多く。父は、ほとんど家に寄り付かず、学校から帰るあたしと兄は、二人だけで過ごすことが多かった。私は十五になったばかりで、兄は二個うえの十七歳。押入れから布団を降ろそうとしたとき。ふと、子供の頃を思い出してしまった。両親は今だに顔を合わせると、事あるごとに言い争ったが、この押入れは今のあたしたちには狭すぎると思った。
「あはっ」
「あん?」
 思わず振り向いた兄。
「あんでもないよ」
「あんだよぉー 思い出し笑い? キショーッ」
「オ・シ・イ・レー」
 あたしが答える。
「押入れがどーした?」
「だからなんでもないって」
 アキラにーちゃんは不思議そうにあたしを見て、そのままテレビのお笑い番組に大笑いした。
「ぎゃははははは~ しぬしぬぅ~」
「布団敷いておいたから早く寝なよ。またバンドの朝練遅刻すっとメンバーに殺されるよ。ひひひ」
「ご苦労、俺様のメイド。わかった。わかった。まるでユィナは小さなおか~ちゃん! こうるさいんじゃー」
「あはははは。ミーちゃん今日も午前様かな~? じゃねりゅ。オヤシュミ~」
「だろうなぁ…。おぅ、おやすみ」
 あたしは自分の部屋へ、あくびをしつつ戻って行った。

▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。


にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援


関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。