スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたり6

私は彼の良い子。
でも、良い子なのに、いけないあそこのことを
君の”悪い子”と口癖のように彼は言い続けた。
蜜を溢れさせてる悪い子は、
綺麗にしなきゃねと、
彼にお掃除してもらっている…。
「あぁ だめ イクッ!」
「うんうん いかないとご飯おあずけだよ?
 今日はオムライスとクリームシチューですよん♪」
 ブラウスの上から顔で胸を刺激し、
あそこをを攻め立てる彼…。
いやらしい。
ほんとにいやらしい
粘着質な悪い子の音…。
たまらなく好きな自分の音…。
『んぁあ~』
 私は、あっと言う間に果て、
彼にしがみつくと、体はピクピクと痙攣(けいれん)していた…。
で絡め取られた蜜は、
「好きな匂いだろう?」
 鼻先に近づけられ、
「ん。えっちな匂い…」
 その大好きな匂いにまた興奮し、
汚れたを口に差し込まれながら、
そのまま唇を重ねてくる彼。
「美味しい。おししいよ」
 彼も興奮してる。
「ぅん」
 溶けたままの私が答える。
「さぁ ごはんだ。お風呂はまだだよ?」
「はぃ…」

 彼は、欲しがってると分かっている。
『その目は僕のここに向けられてるね? でも、まだだよ』
 とでも言うように、ニヤついている。
「さ。冷めないうちに食べよ」
 彼にお尻を撫でられ、
テーブルに着かされた。

 私と彼は、互いの両親も認めてる仲で同棲中だった。
彼、山北ユタカは多少名のある作家で、
単行本や書籍を数冊出し、
今も連載を抱えこの自宅で執筆していた。
だけど、それだけでは食べていけないので、
私。神岡ミイナは今も雑誌社の編集として勤めに出ていた。
たまたま、彼の掲載小説を担当したとき
そーいう関係になってしまい、
今に至っている。
私は彼を尊敬し、している。
料理も得意だったし、お家の雑用もこなしてくれて、
私はその手のことが苦手…
少しだけど…。
私には、とーってもありがたい存在でもあった。
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : テーブル 興奮 悪い子

ふたり7

 ユタカは私のれてるあそこを想像し、
食事をさせるのも好きだった。
下着を着けさせないまま、
股を広げて食べてとか言うし、
食事中の私に、平然とあれを含ませたり…
もうほんとに凄いヘ・ン・タ・イだ。
でも、そんな彼を好きな私も…
同類ではあるのだけど。
だから、れたままの私は、先にお風呂へ入り綺麗にしてしまうことは許されていなかった…。
しかも、お風呂には必ずふたりで入るという、
誓約書まで書かせられていた。
これはもちろん遊びだったけど、
一人で入るお風呂なんて、
寂しくてたまらないだろうなって、
思うようになっていた。

食事が終わり、
待望のお風呂タイム。
れてる私は、彼にキレイにして貰えるのだ。
そして私は、彼の綺麗なミルクを味わう係り…。
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : お風呂 ヘ・ン・タ・イ ミルク

ふたり8


「大先生は今日もご立腹だったわ~ やれやれ」
 ミィナは抱かれるようにお湯に浸かっていた。
「僕だったら、あんな些細なことで怒らないけどなぁ~
 大御所だから仕方ないか」
「物書きって人たちはどーして
 自分の作品みたいにスマートじゃないのー?
 あの禿頭いつかぺチッて叩きたいって
 みんな言ってる アハハ」
 ミィナはお湯を叩いて弾いた。
「んー僕もお仲間だから痛いこと言うなよ~
 物書きが全て、描いてる作品みたいな人生送ってたら
 物書きになんかなってないよ。
 僕はこのとーり変愛家だけど。
 微塵も作品には出さないしね」
「そうね~ 私もまさか。
 こんなにおかしな性癖のある人だって思わなかったょ…」
「嫌いになった…」
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 叩いて弾く

ふたり9

「ん~ん~違う違う、素直に話してるだけだよぉ
 あなたに色々教えられて~
 素敵に女させてもらってるって思ってるよ」
「ほんと?」
「うん」
「じゃ。もう少し先に行こうか?
 まだ、気は変わらない?」
 ユタカはミィナを膝上に座らせると、
近くにあったボディシャンプーを少し出し
湯面から出た彼女の胸先を、
指先全部を使い、上下させた。
「ぁぁぁぁぁぁ」
指と指の間で起こる、
乳・首に当たる断続的な刺激とヌルヌルの快感。
ビクビク揺れるミィナ。
彼は彼女の腰を浮かせ、
腰を近づけた。
「またそのはなしぃ~
 ダメそれはいや…絶対無理!
 ダメッたらだめ!
 …私…」
 ミィナは応じないわよとでも言うような素振りで、
バスタブから出ようとした。
「想像できない?」
「だって、やだやだやだ!
 あなたもするのでしょう?」
「アゥチ!」
 ミィナは怒ったぞと言う代わり、
ユタカの固くなった物をきつく握った。
そして、握ったままユタカを前に見るように座りなおし、
彼の腰を浮かせ…
毎日玄関でされることの全てを、
返していった。

 あれに触れながら足指を舐め、甘く噛み
バスタブの縁に片足を乗せ、
持ち上げるようにそこへ向かい
キスしていく。
「らってぇ」
ミィナはまともに喋れない。
口をすぼめては吸い、
舌を絡めお湯を潤滑液代わりに愛撫していく…
愛しくてたまらない彼のそこに、
頬を押し当て、
先を舌で刺すように刺激し、
サオをしごき、タマを口に含み転がす。
ユタカのあそこを
丁寧に丁寧に、
愛撫していく。
「すきすきすき
 アナタが。
 他の女とユタカがって考えただけで
 おかしくなる…
 私だけだけのユタカ!
 きっと私。あなたが浮気したら…」
「ら?」
 ユタカが聞く。
「スワッピングらんて考えちゃらめぇ~」
 私は別の言葉で返してあげた。

 ミィナの動きが早まる。
「ぁぁ いいよ ミィナ
 もっと、気持ちよくして
 ぁう ぅうう はぁ~」
 ユタカは舐められながら、
後の穴も弄られ悶えた。
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 愛撫 乳・首

ふたり10

「あぁ~~ ミィナ。すごくうまくなった…。
 うんうん 今日はもう言わない…
 じゃあレ・ズプレイは? ハァハァ
 僕は見てるだけ。
 あぁああ
 イタタタタタ!」
「私きっと、きっと…
 あたなのあなた自身。
 私だけの”これ”を噛み切ってしまうわ!」
 ミィナはちょときつめにかじった。
そして、ふたりは何も喋らなくなり、
ユタカは我慢できないとミィナを引き寄せ、
挿入し、
湯をバシャバシャ揺らし始めた。
「じゃあさ。複数は複数でも、
 女はミィナだけ」
 肩で息をしながら、
「あとは男だけ… ハァハァ」
 激しく腰を動かすユタカ。

『ぁ…』
 思わず想像してしまった…。

『あぁぁぁぁぁぁあああ!』
 ユタカに激しく突き動かされた。
「あぁー 凄い!
 今、とても欲情したね?
 想像したね?
 凄いよミィナ!
 凄い!
 そー言うことなのかい?
 うふふ」
 体位を変えられ
突かれるままの私は、
いきなり、
お・し・っ・このように潮を撒いていた。
「ぁああああああああ」
 喘ぐことしかできない私。
バックでされながら、
こんなに吹いたのは
その日が来るのを、
予感していたのかもしれない…。
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 喘ぐ バック

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。